2016年01月24日

留学中の食生活と留学中に感じた事について

少し遅いですが、あけましておめでとうございます。国際教養学科2年の石原里紗です。
みなさんは年越しはどこで、どのように過ごされたでしょうか?
私は今年はフロリダのディズニーワールドで過ごしました。豪華なお城と盛大な花火にはとても感動しました。

IMG_2116.JPG

年越しも一大イベントなので、前もって旅行の計画をしっかりと立てて思い出に残る日を過ごせるといいですね!

そんな長い冬休みに入ったと思ったら留学生活もあと残り2カ月を切り、もうすぐ次の学期が始まろうとしています。日本への帰りのチケットも個々に取り始め、それぞれの目標に向かって残りの留学生活を締めくくる最終段階に入っています。



さて、私は主にこちらの食生活についてお話したいと思います。まず、セント・ノーバート大学ではミールダラーと呼ばれるプリペイドカードのようなものがあり、それを使うことによりブュッフェスタイルであるカフェテリアで食事をとったり、大学内のコンビニで好きなものを買えることができます。

IMG_9770.JPG

IMG_2522.JPG

また、日本食が恋しくなった時はもともと自分で持ってきたものや家族に送ってもらったものを食べます。先日は、材料を友達とスーパーに買いに行き、寮の地下室で鍋やカレーを作ったりしました。

IMG_2461.JPG

IMG_2478.JPG

また、大学の近くにはアイランドスシというお店があり、お寿司を食べることもできますし、ほかにもスターバックスやタコベルなどもありますので、大学の周りのお店を探すのも楽しいです(*^^)v

IMG_2527.JPG

このように、食事に関しては心配ないと思うのですが、逆に食べすぎには注意です!!食べすぎたなと思ったら、大学内のジムで運動しましょう(^O^)/
IMG_2520.JPG

簡単ではありますが、このように食事に関しては問題なく半年間過ごせます。ただ、日本食は個人的にかなり恋しくなりますので、日本食を多く持ってくることをおススメします!


私は大学に入学した時から、2年生になったら留学したいと考えていました。なので1年生の頃はTOEFLをできるだけ受けて、点数を上げることに専念しました。
また、これは自分自身後悔していることなのですが、留学前にはできるだけ早く「準備」をしたほうがいいと思います。「準備」というのは、TOEFLを受けたり英会話を学んだりすることももちろんそうですが、留学前、留学中や留学後に起こる重要な出来事の準備です。例えば、2年生はゼミナールを決めなくてはなりません。なのでこの留学では留学中にゼミナールを決めるため、先生とメールでコンタクトをとりながらゼミナールを決めます。もちろん提出物などの課題も出されます。私は留学前に何もしなかったのですが、他の学生さん達は留学前から自分が入りたいゼミナールを決め、その先生とコンタクトを取ったりしたそうです。

また、人生の節目である成人式という一生に一度しかないイベントもちょうどこの留学期間とあたります。私は残念ながら前撮りだけで式は諦めましたが、これからの人生を考えた上で留学を優先したので、後悔はありません。自分にとって、後悔のない選択をすることが大事だと思います。ただし、それにはやはり時間がいると思います。

留学に来たからといって英語が話せるものではありません。外国でなくても、日本でできることはたくさんあります。いつでも自分次第で、自分からチャンスをつかんだり、自分から行動を起こすことが大事です。
そのことを胸に刻み、残りの留学生活の日々を過ごしたいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!



posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 09:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。